出会い系利用時に必要なのは、年齢確認であり本人確認ではありません

18歳未満禁止

 

現在、日本では18歳未満の出会い系サイトの利用は禁止されています。

 

ですので、出会い系サイトを利用する場合、18歳以上であることを証明するために年齢確認を受けなくてはなりません。

 

この制度は、出会い系サイト規制法改正により、18歳未満の児童が出会い系サイトを利用することによって犯罪に巻き込まれることを防止するため、2009年(平成21年)2月から施行されました。

 

とは言え、いくら児童を犯罪から守るためといっても、この年齢確認という制度に対して不安に思われる人は多いでしょう。最近はよく個人情報漏えいの話も聞きますしね。

 

この制度があるから、出会い系サイトの利用をちゅうちょする人も少なくないと思います。

 

しかし、この年齢確認というのはあくまで、利用する人が、

 

「18歳未満ではない」

 

ということを証明すればいいだけで、本人確認ではないのです。

 

以下の写真を見てください。

 

運転免許証

 

運転免許証の名前や住所の部分と顔写真がバンドエイドで隠されています。

 

出会い系サイトの年齢確認はこんな写真を送るだけでいいんです。

 

必要なのは、

  1. 生年月日、もしくは年齢
  2. 書面の名称
  3. 書面の発行者名

 

この3つの項目だけなんですね。

 

あくまで、年齢確認であって本人確認ではないので、

  • 名前
  • 住所
  • 顔写真

のような個人情報に関わることは必要ありません。

 

そして、この写真は年齢確認が済み次第、出会い系サイト側が一定の保管期間経過後に破棄してくれます。

 

そもそも、万が一この写真が漏えいしたとしても、

  • 生年月日
  • 免許証を取得した都道府県

の2点が分かるだけです。

 

生年月日も名前・住所・顔写真と一緒に漏れると困りますが、出会い系サイトの年齢確認はそれらの項目を隠しますので、全然問題ありません。

 

なお、運転免許証をお持ちじゃない人でも、健康保険証やパスポート・住基カードなどで年齢確認は可能です。

 

そして、一番簡単な年齢確認の方法はクレジットカードによる確認です。これはクレジットカードを持っているということは18歳以上である。という前提からできる確認方法です。

 

100円程度の少額のポイントを購入すれば、それで即時に確認の手続きは終了です。

 

ただ、クレジットカードはやはり心配だという人は、運転免許証などの書面で確認を行ってくださいね。

 

とは言っても、当サイトで紹介している優良出会い系サイトで個人情報が漏れたことは今まで一度もありません。

逆に安心して利用できるかも!出会いネットは本人確認が必要です。

ほとんどの出会い系サイトの登録で必要なのは、年齢確認であって本人確認ではありません。

 

しかし、当サイトでオススメしている7サイトの内、出会いネットは本人確認も必要です。

 

出会いネットのホームページにはこう書かれています。

 

ほとんどの出会い系サイトでは、本名の確認を行っていないため、性別を偽った登録や、宣伝勧誘業者の登録を防げません。

 

しかし、出会いネットでは、年齢確認時に全会員さまの本名を確認することで、不正な登録者を確実に排除しています。

 

出会いネットの会員様は100%実在している方々です。

 

引用:出会いネット(18歳以上)

 

一般的に、ポイント制の出会い系サイトが手軽に出会える相手を探している人が多いのに対し、定額制の出会いネットでは真面目に恋人や結婚相手を探している人が多いです。

 

そういった方ならば、年齢確認だけでなく本人確認もしなければならないサイトの方が、逆に安心して利用できるかもしれません。

 

このような確認方法の違いは、各サイトそれぞれなので、目的に合わせてサイト選びをされるといいと思います。

 

ただ、個人情報を抜く目的で、本人確認も必要な悪質出会い系サイトもありますので注意が必要です。

 

どちらにしても、当サイトで紹介している出会い系サイトは、年齢確認のみ必要なサイトと、出会いネットのように年齢確認と共に本人確認も必要なサイトがありますが、どのサイトも長年の運営による信頼と実績のあるサイトばかりですので安心してご利用ください。

 

当然、今までに個人情報が外部に漏れたりとかは一切ありません。

 

年齢確認の無いサイトを利用して出会うのは危険です

当サイトで紹介している7つのサイトは、全てインターネット異性紹介事業の届出をしているサイトです。ようするに、日本の法律にのっとって運営している出会い系サイトだということです。

 

しかし、この届出をしているサイトだから優良な出会い系サイト。かと言えば、必ずしもそうではありません。高額ポイント料金のサクラサイトも普通に届出をしています。

 

ようするに、届出をしているか、していないか。だけでは優良なサイトか、そうでないのかは判断できないのです。

 

とは言え、届出そのものをしていない出会い系サイトを利用するのは危険です。そして、その危険なサイトは大きく2つのパターンに分かれます。

出会い系サイトを装った違法なサクラサイト

このタイプの出会い系サイトは意図的に届出をしていません。そして、サイトにいる会員はサクラが100パーセントです。素人は1人もいません。利用者のお金を搾り取ることだけを目的にしたサイトです。

 

このようなサイトに遭遇すると、永遠に出会えないのにお金だけがなくなってしまいます。

 

なお、当サイトで紹介しているサイトは優良なサイトでサクラもいませんが、他の出会い系サイトへ誘導する業者が紛れ込むこともあります。

 

定額制のラブサーチ及び出会いネットには基本的にいませんが、ポイント制の5サイトには、優良で出会えるサイトだからこそ、業者が素人を装って潜り込みます。

 

そして、その業者によって誘導されるサイトがこのような違法なサクラサイトです。

 

という訳で、サイト内でやり取りをしている時に、他のサイトへ誘導されそうになっても、決してリンク先をクリックしたりしないでくださいね。また早い段階でメールアドレスやラインID、電話番号が書かれていて、こちらに連絡を欲しい。となった場合も業者の可能性が高いので注意が必要です。

出会い系サイトではないけれども出会えるサイト

ようするに、昔で言うと、モバゲーやグリーもそうですし、ツイッターやFacebookもそうです。LINEやカカオトークでも見知らぬ男女が出会うことが可能です。

 

しかし、これらのサイトは出会い系サイトでは無いので、インターネット異性紹介事業の届出はする必要がありません。よって、年齢確認も義務付けられていません。出会いアプリなんかもそうですね。

 

年齢確認が義務付けられていないということは、18歳未満でも利用できるということです。女子高生や女子中生が利用できるんです。

 

あなたが、ロリコンで、もし18歳未満と援助交際などでエッチをすると、見つかった場合大変なことになりますよ。

 

用意周到に遊んだとしても、その18歳未満の女子高生や女子中生が何らかの行為で補導されると、スマホの履歴から、過去の行為がばれたりします。

 

逮捕されると実名で報道されることが多いですし、会社はクビでしょう。奥さんがいれば離婚沙汰になるのは間違いないでしょうし、世間体は最悪です。

 

確実に、人生はめちゃくちゃになるでしょうね。

 

という訳で、出会い系サイトで遊ぶのなら、18歳以上しか登録することのできない、当サイトでオススメしている7つのサイトを利用するのが安心・安全ですよ。

 

 

確認事項と7つのサイト

本当に出会える7つの優良出会い系サイト